憧れの一人暮らしをするためのコスト削減方法

一人暮らしをするにはお金がかかる

初期費用ってなに?

初期費用とは、賃貸との契約を交わすときにかかる費用のことを言います。一人暮らしをするときに賃貸物件を借りる場合には必ず必要になってくるお金のことで、賃貸契約をするときに支払うものになります。賃貸を借りるときには、その初期費用の内容や内訳をしっかりと知っておく必要があります。
賃貸契約に必要な初期費用の目安としては、敷金・礼金が家賃の1ヶ月分、仲介手数料が家賃の半月から1ヶ月分、火災保険料が数千円から1万5000円分、鍵のスペア代が1万5000円前後、そして前家賃が家賃の1ヶ月分になります。これらが初期費用の料金設定の主流になっています。
敷金や礼金などについてはすでにご存じな方も、火災保険・鍵のスペア代や前家賃などについては見落としがちです。
上記を合計すると結構な金額になり、また引っ越しなどでお金がない中さらに支払わなければならないのです。

初期費用を抑えるコツ

一人暮らしをしようと重い腰を上げたところで、初期費用の金額を見ると面食らって躊躇ってしまうかもしれません。
ですが、それらの費用をできるだけ抑えることができる方法があります。
例えば、礼金のない物件を探すことでその分の費用を浮かせることができます。礼金とは賃貸の大家宛に礼として支払う費用で、物件によってその金額は様々です。できるだけ安い物件を探すと、よりお得になるでしょう。
また、フリートレント物件を探すという方法があります。フリートレントとは、入居して初めの1から2ヶ月分の家賃が無料になる物件のことを言います。事故物件だからというわけではなく、空室状態が長い間続いている物件に早く借り手が決まってほしいという大家が行うサービスなのです。
他にも仲介手数料などが安い不動産会社を選ぶなど、方法は色々あります。自分に適した方法を探しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ